サンフランシスコ出張-JavaOne 2007に参加

12回目を迎えるJavaOne。毎年1回、世界中からJavaデベロッパが集まるお祭りである。 今回、取材のために参加した。1998 年以来、9年ぶり2 回目である。5月のサンフランシスコというと例年は涼しく、曇り空なのだが、今年はどうも異常気象のようで、晴天が続き、30度近くまで気温があがる日々が続いた。

さて、今回のJavaOneのテーマは、「Open Possibilities」。IT業界、特にソフ トウェアの世界ではオープンソース化が加速しており、業界全体が大きな変革時 期に入っている。特定の企業が占有していた技術がオープンになり、そして誰も がアクセスし、お互いに共有できるようになった時代に、次に何が起こるかの か? このテーマをFace to faceで議論しようじゃないか・・・という雰囲気で いっぱいの会場であった。

逆に9年前から変わっていないところもある。

基調講演前の大行列
ラウンジに置かれているカラフルなビーズ入りのソファ
Tシャツ投げ・・・

さて、話がそれたが、技術的な話題では、Java FXを除くとそれほど目新しいも のはなかった。それはJavaがかなり成熟してきた証拠でもあり、仕方のないこと かもしれない。ただ、スクリプト言語への対応、2D/3Dの世界にどう食い込んで いくかなど、周辺技術を貪欲に囲い込んでいこうという動きは相変わらずであ る。これもオープンがゆえになせる業かもしれない。

さて、技術の話題以外で、今回、特に感じたことは「スピードの違い」であっ た。9年前のかなり怪しい記憶と比較することになるがが、スピーカの語りの速 さ(スピーカもかなり若返った)、狭い会場をすり抜けるように移動する人々、 そして何より情報伝達の速さには驚かされた。会場でのハプニングが1時間もた たないうちに、Blogにアップされ、世界中からアクセスできるのである。した がって会場のあちこちで座り込んでキーボードを叩く参加者が数多く見受けられ た(座り込まなければならないわけは実は電源の確保にある)。

なお、「日本Javaユーザグループ」のWebサイトにJavaOneに参加した有志がまと めたレポートが掲載されている。筆者のレポートもこちらに掲載させていただい た。ぜひご一読いただきたい。
URL:http://www.java-users.jp/contents/doc/200707javaone/

iBiZ2007 にて Best Paper Awardを受賞

ibiz2マレーシアにて開催されたInternational Conference On Internet-Business: Business Trends, Systems, and Education(iBiZ2007)(2月27・28日に、マレー シアのPort Dicksonにて、青山学院大学、マレーシアマルチメディア大学、シンガポールマネジメント大学の共催)において、弊社 取締役兼CTOの西村が共著にて発表した論文が、Best Paper Awardを受賞しました。

本国際会議では、約30件の論文が発表されました。選考委員により、これらの中 で、特に優秀と思われる3件が採択され、同賞が贈られました。

本論文は、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科の井田教授、大島准教授とともに弊社西村が開発した教材システムについてまとめたものです

受賞論文
“A Web Based Tool For Aiding SCM and B2B Education”
Masatsugu Oshima, Masayuki Ida, Kazuhiko Nishimura

ibiz

2007.3.28 西村

【第2回】会議について

私がかつて大企業と呼ばれる会社に勤めていたころ、日中のほとんどの時間を会議に奔走していた。 1つの会議に費やす時間は平均で二時間。ただ、会議の出席者が全員揃うのに30分を要し、延々雑談をし、結論は次回の会議日程を決めただけという会議も中にはあったと記憶している。

一方、米国に駐在していたときの会議は、まったく別物。まず、会議主催者と会議出席者という構図がはっきりしていた。

つまり、「司会進行する」という役割が明確なのである。司会進行者はシナリオを持って会議を進行していく。その過程、結論の導き出しについて責任を 持っていることを自覚している。一方、会議出席者は司会進行者を助けるために自分の意見を臆せず言う。この手の会議は、基本的に平均1時間程度で終え、 即、解散するのが一般的である。ただし、他の話題など話をしたい人は会議室に残ったり、別に座席の周りや部屋に入って、雑談のような打ち合わせを行う場合 が多い。一見、突発的に思えるこのような打ち合わせだが、打ち合わせを行う必要が発生すると必要な人同士がパッと集まり、即決して実行するという合理性と スピードの速さには、はっきりいって舌を巻いた。

我々のような小企業も、必要な時に必要な人だけ集めて会議を行い、意思決定を行っていくところは、このアメリカでの経験に似たところがある。

居酒屋でサラリーマン同士の話に耳を傾けると、”もう仕事が忙しくていつも帰りが遅い”とか”とにかく忙しくて大変だよ”などと話をしている人が多 いが、本当に意味のある仕事が出来ているかを自分に問うて欲しい。もちろん1分1秒も無駄にできない大変な仕事を抱えている人もいるであろう。だが、”忙 しい”と言っている実態は、日中は無駄な会議で過ごし、本当の意味での仕事は夕方から深夜にかけてという場合が少なくないだろうか。

さて、会議のあり方について、米国での経験や我々のような小企業での実態と比較して大企業の悪い点を述べたが、何も全てが悪いというわけではない。

企業文化や会議の性質などにもよるが、一般的に、会議主催者は議事録あるいは会議録を作成し、会議終了後直ちに(遅くても数日内に)会議出席者に議 事録を送付する。この議事録の作成の仕方ををきちんと教えてくれるのは、大企業の良い点ではないかと思う。議事録なんてと思う人もいるだろうが、実はとて も重要な文書なのだ。議事録を書かなかったがために、あとで言った言わないで問題になったケースは良く聞くことである。

また、この議事録を作成するという仕事は、実は教育的な観点からもとても重要な作業である。特に、新入社員にとっては議事録を作成することによって 「仕事を覚える」ことができる。会議の進行を書き記すことによって自分がその仕事の何を理解し、何が理解できていないかを知ることができるチャンスなので ある。

若い人の多いベンチャ企業には、このような習慣が無い、というかそういうことを知らないところさえある。だから良くないというつもりはないが、ここ でのポイントは社会人としての基本的な教育がなされているというかどうかという点である。大企業は長年にわたって延々と培ってきたものを体系的に教えてく れるというシステムができあがっている。社会人として水準以上の教育を受けられるという点は、大企業のメリットといえるのではないだろうか。

2004.07.08 深田 優

【第1回】ごあいさつ

昨年よりベンチャーとして本格的に市場参入し、皆様方のご支援のおかげでここまでやってくることができました。感謝、感謝、感謝です。

お客様のところに初めてご説明に伺うと、「ボイスリサーチは音声認識の会社ですか?」と尋ねられますが、「VOC(Voice Of Customer:顧客の声)のVoiceであり顧客の声を余すことなく抽出し、分析することにより中立な立場でマーケティングのご支援をさせていただく 会社です」とご回答させていただいております。

弊社は、お客様の声を基に新しいビジネスモデル作成や市場開拓を行っています。これまでにアンケート調査やコンサルティングを中心に数十の会社様と お付き合いをさせていただきましたが、弊社のビジョンであります”お客様と感動する”ことを実現できたのではないかとを思っています・・・1社を除いてで すが。

その1社、最終のプレゼンテーションでお客様にご満足いただけなかったのです。理由は単純明快でした。 実は、弊社は最終のお客様との間に入っていた方々とのお話だけで仕事をすすめており、直接、お客様とお話をせずに仕事を進めてしまっていたのです。そのため最後の最後でお客様にご満足いただけなかったのです。

このたった1度の経験は2度と繰り返してはいけないと今でも反省をしております。ビジネスとは、生き物であり、常に勉強をし、教訓を得ていくものと改めて感じた次第です。

私の好きな言葉に自己蝉脱という言葉があります。この言葉が意味するように、弊社はこれからも常に成長を続けられるよう、お客様の声を基点に中立な立場で皆様をご支援することを目標とし、切磋琢磨していきたいと思っております。

2004.06.29 深田 優