【第22回】 2009年度にあたって

弊社にとっての2009年度が始まりました。

昨年は2名(4月に永野飛鳥くん、そして12月には高石かおりさん)がボイスリサーチに新たに加わりましたが、今年も、社員一同、全力で”協調、共有、協働”を合言葉に、お客様のことを考え、少しでも人や社会のためになるビジネスを志向していきたいと考えています。

昨年から続く不況の中、我々のビジネスも厳しい状況が予想されますが、本年も何卒、ご指導の程よろしくお願いします。

さて、昨年末に知人と話をしていたときに、”ボイスリサーチでは、人を育てるのか、あるいは鍛えるのか?”と質問を受けました。会社で一緒に働く仲間を増 やし、そうした仲間がいずれは会社の基盤になるわけですが、そこに至るまでには、人を鍛えるだけではだめで、育てることが重要だというのです。

そこで、この正月は何か心に残るような話がないかと3日間読書をしてみたのですが、その中に山本五十六元帥の言葉が載っていましたので紹介させていただきます。

『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ』

この名言をご存知の方も多いでしょうし、座右の銘とされている方も多いと思います。しかし、今回、実はまだ以下のような続きがあることが恥ずかしながら知りました。

『 話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず 』
『 やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず 』

組織の長にあるもの、これらの言葉を常に肝に銘じ、今年1年を謙虚にかつ社会に貢献することを真摯に考えて、過ごしていけたらと思っています。

よろしくお願いします。

2009.01.13 深田 優
Posted in コラム.